Philosophy

Simaudioの淵源

ライブ・オーケストラの演奏にどうしようもないほどの感動を覚えるのはどういうわけでしょう。家庭にある音楽システムでこういう感情を再度味わってみたいとトライしてみても、どういうわけか再現できないことにお気づきになったことはありませんか。何が欠けているのでしょうか。再生の方法は何でしょうか。

これらの疑問は、単なる哲学的な問題でもなければ主観的なものでもありません―答えはすべて現実的で科学的であり、実際に入手できるものです。「自分がそこにいる」という臨場感を現出させるための長年にわたる精力的なR&Dの成果が、MOONシステムです。Simaudioの妥協を許さないエンジニア・チームが、競合各社が長い間、達成不可能として放棄してきた技術の開発に成功を収めた上、一段の高度化を推進しています。完全性を目指す持続的追究心が、開発をリードする動因となっています。当社が業界の中で先陣を切っている理由は、こういった目標追求の情熱だけです。

発展の歴史

1980年に設立されたSimaudio Ltd.は、競合製品のレベルを上回る製品を絶えず生産してきました。初期のモデルは、音楽演奏に感動と生き生きした力を与えるユニークな性能をはっきり備えているとして、直ちに認められました。これらの初期モデルを基盤として登場した後継モデルも、ライブ・イベントとレコーディングとの間にあるギャップを橋渡しする特性があります。世界中の批評家が、リスナーの「鳥肌を立たせる」ような特性があり、音楽に涙を流すほどの感動を与えるとして、これらの製品を歓呼して迎えました。今日に至るまで、これほどの評価を得た製品はほかにはありません。

先進的エンジニアリングによって創造性を実現できる時代にあって達成可能な性能をさらに飛躍させたのが1986年レリースの`3000’シリーズでした。3050パワーアンプは、これまでで最高のアンプに属するとの高い評価を得て、多くの愛好家のレファレンスとなりました。その控えめな定格50Wのアンプが、実際に競合企業の200Wモデルよりもスケール感が豊かで、サウンドがクリーンでした。MOONデザイン・チームは、P-301に具現されているように、ゼロ・フィードバック・デザインのパイオニアリング・チームの1つでした。それ以降、競合メーカーもこれに追いつこうとしているものの、立ち遅れています。

いみじくも‶Celeste″(星への到達をほのめかしています)と名づけられた新たな製品が1990年に発売されました。Celesteは、目で見てもはっきりした特徴があり、音楽再生で実現可能な領域の概念をまたも一新させただけではなく、テクノロジーと物理的形態とを一体化させたのです。そのユニークなスタイリングは、お決まりの方形ボックスから大きく方向転換させるもうひとつのデザイン・イノベーションを先陣切って実現させました。数多くの先進的技術を採用していますが、特筆したいのは、ゼロ・フィードバック・アンプの高度化、ダイレクト・カップリング、独自のRenaissance回路構成です。

1997年にMOONシリーズが導入された時点で、あらゆる障害が除去されました。i-5インテグレーテッド・アンプ(今日でもなお、これまでで最高のオーディオ製品の1つとして高い評価を得ています)は、驚異的な音楽演奏の性能を有しながら、しかも多くのファンの支出可能な価格帯を維持していた最初のオーディオ製品でした。

2004年、25周年記念として発売した5つのMOONモデルは、驚くべき成功を収めました。NovaおよびEclipse CDプレーヤー、 P-5プリアンプ、 W-5パワーアンプ、 i-5インテグレーテッド・アンプについて、スペシャル・ユニットを各モデル当り250ユニットのみ限定生産したのです。これがMOON Limited Editionシリーズでした。各モデルは、美麗な外装のほか、性能レベル向上のための回路改善をフィーチャしていました。

2005年、これまでで最も野心的な努力を結集した成果であるEvolutionシリーズを発表しました。Evolutionシステムは,高価ですが、そのラグジュアリアスな感触と最新技術による性能で、その数十倍の値打ちがあります。他社モデルは教科書的デザインに改善を加えているに過ぎませんが、MOONエンジニアは、先端的技術イノベーション、自社独自技術、それにシンプルで論理的なユーザー・インターフェースを創造しました。目的はただ一つ、パワーと栄光に満ちた音楽をお届けすることです。Evolutionシリーズは、今日達成できる技術と性能の最高峰をあらわしています。しかし、われわれは、ここでとどまるわけにはいきません。当社のMOONエンジニア・チームは、明日に向けて、さらに遠い将来に向けてすでに全力で開発をすすめています。

Evolutionシリーズで楽しめるのは音楽だけではありません。ムービーも楽しむことができます。新Evolution Theater システムは無類のシステムです。形状と機能の両面で、サラウンド・サウンド・デコーディングとビデオの最新の技術進歩を取り入れていますから、圧倒的な力感、洗練度、優美さはこれまで全く経験したことのないレベルに達しています。強力なMC-8パワーアンプが、マルチ・チャネル・アンプの頂点を極めたものであることは疑う余地がありません。重量200ポンド(約90kg)を上回り、彫刻風の機械加工を施したアルミニウム、巨大な電源、最新の回路構成を装着。セットアップとキャリブレーション(較正)をきちんとやれば、操作は驚くほど容易です。これでお好きなムービーのアクションの世界に吸い込まれ、これまでにない体験に夢中となるでしょう。

デザインの哲学とカルチャー

お客様に究極の楽しみをお届けすること。これがMOONハイエンド・ホーム・エンタテインメント・ミュージック・アンド・サラウンド・システムの開発の中心思想です。この目的に向けて、オーナーのための至高のベスト・サウンド、最長の製品寿命、最高の美的魅力ある装置を作り上げることに全力を傾注しています。この目標を達成するのにエンジニアリングや一般的ビジネス慣行に関する伝統的知見に依存していたのでは、現在の競争市場での優位確保には不十分です。そこで、MOON製品はすべて未来指向の考えによるプロセス、すなわち、競合製品より一世代先をゆくと考えられるプロセスを取り入れています。さらに、第一級のカスタマー・サービスが最重要です―優れた製品による究極の楽しみも、劣悪なアフターセールス・サービスのために不愉快な思いが残った場合は、ぶち壊しになってしまいます。これらのことを考慮してSimaudioは、次のグローバル・ミッション・ステートメントを定めました。

地球環境保護を重視しつつ、最高の製品とサービスを提供することにより、クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を向上させること」

MOON製品は生涯にわたる楽しみの提供を目的としています。これを実現する上で、構想、設計、実行、製造の各段階で直面する大きな問題を克服しなければなりません。このためには、次の目標を達成する必要があります。

・MOON製品は、ユーザー・フレンドリーで使い勝手のよいものでなければならない。

・MOON製品は、ラグジュアリアスな感じと外観が滲み出るものでなければならない。

・MOON製品は、最高級のコンポーネントのみを採用しなければならない。

・技術的設計は、各製品カテゴリーでの先進レベルに位置するエンジニアリングを織り込

まなければならない。

・音響性能は、競合企業のすべての同等製品のレベルを上回らなければならない。

・MOON製品は、最高レベルの精度と品質管理の下で製造されなければならない。

・全MOON製品の性能は、オリジナル・プロトタイプの性能を上回らなければならない。

・MOON製品は、長年使用してもトラブル・フリーでなければならない。

以上は、いずれも理論上優れているように思われ、また達成容易であるように見えるかもしれません。しかし、これらの期待に応えるには多くの障害を克服しなければならないのが真実です。

きわめて一般的な問題の1つは、高品質のパーツを絶え間なく、しかもタイムリーに調達することです。ほとんどのメーカーは、主電源変圧器、シャーシー・パーツ、フェースプレート、ボリューム・ポテンシオメーターその他多くのパーツを産業サプライヤーから購入しなければなりません。パーツは、いずれ供給打ち切りとされるか、あるいは「同等品」によって代替されるものです。また、資金的理由や環境問題などのさまざまな理由から納入遅延が生じ、このため製品のライフサイクルの短縮化や市場評価の悪化を招くことも多いのです。

当社は、自社独自のキャパシターや独自のコネクターを製造しているとは公言しません。しかし、自社生産か外注かの問題では、当社は競合各社よりも数歩先を進んでいます。競合他社のほとんどが購入に依存しなければならないパーツのすべてを自社生産しているからです。これには、シャーシー・パーツやPCBアセンブリーが含まれています。当社は、高性能機器を備えた独自の金属機械加工工場を保有しており、そこではHAAS 5軸および4軸双方のCNCミルを設置しています。当社は、プリアンプ・コントローラー・セクション用およびCDドライブ用の独自ソフトウェアを開発しています。

当社は、自社で開発したテクノロジーを多数採用しています。これは、当社の高度の経験を有する研究開発部門の成果であり、CNRC(カナダ国立研究機構)との連携もすすんでいます。これらテクノロジーのほとんどは、すぐには競合メーカーの追随を許さないものであり、このためMOON製品は技術面および音響面で優位に立っています。これらのイノベーションの詳細に関する包括的な情報については、‶The Technology″セクションをご覧ください。

製造の分野は外部要因の影響を受けやすいものですが、当社は上記のような資産があるため、自社でコントロールできる製造領域がはるかに多くなっています。その成果がよりタイムリーなデリバリーとコスト優位性の向上となって結実しています。特に、コスト優位性のメリットは、販売店/ディストリビュータに、さらに究極的には消費者に還元されており、それだけにMOON製品は大変お求め安くなっています。

Simaudioが信じているのは、漸進的発展であって、革命ではありません。MOON製品は、時代を超えた外観の美、戦艦のような強靭なつくり、驚異的な音響性能が絶妙なバランスを見せています。MOON製品は、ユニークな数多くのテクノロジーと他に例をみない高度の製品品質を凝縮しています。もっとも重要なポイントは、オーディオおよびビデオ・コンポーネントがすべての側面で競合メーカーを凌いでいることです。この実現のためのミラクル・サイエンスなどはありません―当社のエンジニアリング・チームはマジシャンの集団ではありません。これは完璧な音楽の実現を目指してあくなき探究を続ける純粋なエンジニアリング頭脳のパワーによる企画指導力、最先端の研究開発施設の充実、音楽と映像に対する情熱がすべて一体化したことによる成果です。